梅木と宮西

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに変わり、正式に定期接種になることによって、集団接種ではなく小児科などで接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わります。
内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断されて、脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2~3項目該当するようなケースのことを、内臓脂肪症候群と名付けました。
くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散っている量に比例しているかのように悪くなる傾向があるそうです。
総合病院 求人 岡山市
脳卒中くも膜下出血は90%弱が脳動脈りゅうと言われる脳の血管にできた瘤(コブ)が裂けることで罹患する大変恐ろしい病気だと多くの人が認識しています。
1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値に関与しているβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことから、その膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなって発病するタイプの糖尿病です。
緊張型頭痛というのは肩凝り、首の凝りが原因の最も一般的な慢性頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような頭痛」「頭が重苦しいような鈍い痛さ」と言い表される症状が特徴です。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無くなった後に市場に出回って、まったく同一の成分で自己負担分を低くできる(代金の高くない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
メタボリックであるとは診断されていなかったとしても、臓器に脂肪が多く付きやすい特性の悪い体重過多を抱えてしまうことによって、いろんな生活習慣病を発症する可能性が高まります。
平成17年2月以後新たに特保(特定保健用食品)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の日本語の文章を表記すること義務化している。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・嘔吐・腹下しに見舞われる程度ですがバイ菌の感染によるものの場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38度以上の高熱が出るのが通例だといえます。
明るくない場所では光量が不足して見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが必要になってしまい、結果的に日の差す場所でものを見るより疲れやすいです。
脂肪過多に陥っている肥満は無論摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが素因ですが、量の変わらない食事であれ、慌てて食べ終わる早食いを続けたならば体重過多に陥っている肥満を招きやすくなります。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの膨大な研究結果として、注射の効果を望めるのは、接種日の2週間後からおよそ5カ月間ほどということが判明しています。
冠動脈の異常である狭心症の外科手術としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス手術」の両者の技法が標準的におこなわれています。
下腹の疝痛の元凶となる代表的な病気には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、卵管の疾患など、様々な病名が挙がるようです。